MENU

妊娠中でも液体窒素によるイボ治療は可能?

妊娠中は、体に変化がおきやすい時期でもあります。
体が出産に向けた準備に入り、多くのエネルギーが使われるので、免疫力が低下するなどして、肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。
その結果、首や顔にイボができてしまうことも……。

 

イボ治療と言えば、病院で行われる液体窒素療法が有名ですが、妊娠しているときでもできるのでしょうか?
妊娠期間中にもできる改善方法にはどんなものがあるのか、調べました。

 

 

-妊娠中液体窒素治療しても大丈夫?
液体窒素で患部を焼きとるという治療で、多くの皮膚科のあるクリニックで行われています。
そして、妊娠中でも行ってくれるクリニックもあります。

 

妊娠しているときの液体窒素治療に関して、絶対にダメ、絶対に大丈夫、と、どちらも言い切れませんが、おすすめいたしません。
というのも、
・所要時間は5分程度ですが、焼かれるような痛みがある(人によっては治療を断念するほど痛みを感じることも)
・1回の治療では完治しないため、5〜7日おきに通院し、その度、液体窒素による治療を受ける必要がある。
およその目安期間は、1ヵ月程度(2〜3回)ですが、場合によっては、半年〜1年かかることも。
・まれに跡が残る可能性も
といったデメリットがあるからです。

 

 

妊娠しているデリケートな時期に、何度も通院しなければならないのもさることながら、痛みを伴うのは、赤ちゃんにとってあまりよくないかと思います。
母体の感じたことを赤ちゃんはダイレクトに受け取っているとも言われています。
痛みによって、しずんだ気持ちになっていると、あまりよくない影響を及ぼすかもしれませんよね。

 

 

また、痛みや長期間にわたる通院によってストレスをため込んでしまうかもしません。
その影響は解明されていないものの、過度のストレスによって流産のリスクが高まるとも言われています。

 

大切な赤ちゃんのためにも、大事をとって、自宅でゆっくりケアできる方法を選ばれるのはいかがでしょうか。

 

 

-自宅でできるケア
妊娠中でも使用できるケアアイテムとして、艶つや習慣があります。
塗るタイプのオールインワンジェルです。
艶つや習慣は、子供の肌にも使えます。
また、顔や首のみならず、全身に塗ってOKです.

 

 

配合されているのは、イボ改善に効果的とされるハトムギエキス、アンズエキス、そして、肌トラブルを改善し美肌へと導く効果が期待できるクチナシ、アロエベラ、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。
いずれも、自然由来の成分なので、安心して使用できます。
※アレルギー体質の方は、全成分を確認してから購入を検討してくださいね。

 

妊娠している間は、いろいろな肌トラブルが起きる可能性が高いので、美肌効果があるのは、すごくうれしいですね。

 

さて、そんな艶つや習慣、気になる箇所をとりさる、切る、などというものではないです。
顔や首などへやさしくマッサージすることによって、成分を浸透させます。
そして、成分の効果によって、体内リズムを整え、きれいにしていきます。

 

イボを改善させるには、ターンオーバーが必要です。
ターンオーバーによって不要な角質がはがれおちることで、改善されるのです。

 

その周期は、個人差がありますが、100日前後と言われています。
最低でも3ヵ月以上は継続使用しないと、イボへの効果があらわれないということですね。
でもでも、美肌効果はもう少し早く実感できるかと思います。

 

通院の必要なし、痛みなし。かなり素敵な方法だと思います。

 

妊娠中のデリケートな時期に何度も病院へ足を運び、液体窒素の痛みに耐えながら治療するなら、自宅で艶つや習慣を使って、痛みもなく、美肌作りをしながら、イボケアをしてみませんか?

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

液体窒素での首イボ治療の痛みなどまとめと別なケア方法紹介
液体窒素での首イボ治療に痛みがあるなら自宅でできる別なケアはないか。液体窒素イボ治療の痛みの程度や完治までの期間まとめと、痛みのないケア方法を掲載。
首のイボの取り方、各方法のメリット・デメリットまとめ
首のイボの取り方ってどんなものがある? 首のイボの取り方について、各方法のメリットとデメリットをまとめましたのでご覧ください。
首のイボを予防する方法について調べました
首のイボを予防したい! 具体的には、どのような方法があるのでしょうか? 首のイボを予防するための方法について、詳しく調べました。
首のイボ対策には何がいい? イボコロリは使える?
イボケアで有名なイボコロリは首のイボにも使っていいのか? イボコロリが首のイボに使えないのなら、効果的なアイテムって何がある? 調べました。